抗うつ剤のプロザックはどこで買えるの?

プロザックの購入方法とは?個人輸入が不安な方は個人輸入代行会社に頼ってみませんか? - 世界的に有名なプロザックが日本では認可されない理由

世界的に有名なプロザックが日本では認可されない理由

プロザックとは、世界で最も有名な抗うつ剤で、発売から20年以上の実績があり、20000万人以上の人が服用してきました。しかし日本では認可されていない薬なので知らない人も多いでしょう。
なので、プロザックについて紹介します。

プロザックってどんな薬?

抗うつ剤にはいくつかの種類に分類されますが、プロザックはSSRIという選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。
再取り込み阻害薬と言われてもピンとこないかもしれません。
ですが、要は体内でセロトニンが分解されるのを阻害し、分解されにくい状態にする事です。
そうする事で体内のセロトニン濃度が高くなり、うつ病の症状を軽減させるというわけです。

プロザックは、抗うつ剤ですがセロトニン濃度を高め不安を解消する効果があるため、不安障害や強迫性障害、躁うつ病、摂食障害、パーソナル障害、PTSDの治療にも効果があると言われています。
プロザックは、しっかり効果があるのに副作用が少ない抗うつ剤として、世界中で支持されています。

なぜプロザックは日本では認可されないのか?

プロザックは世界中で人気がある抗うつ剤であるのにも関わらず、日本では認可されていません。
同じSSRIの種類に属する抗うつ剤、フルボキサミン、パキシル、セルトラリンは日本でも認可されています。
なぜ最も有名なプロザックだけが認可されなかったのでしょうか?

その理由は、プロザックが代謝にかかる時間が24時間以上と長く、薬が体内に残りやすい事を不安視されたからでしょう。
ですが、実際には認可されているパキシルの方が副作用が大きく、プロザックの方が副作用は少ないのです。
そのためプロザックが認可されていない事にたいして、おかしいと思っている人は多いはずです。

関連する記事

Copyright(C)2017 抗うつ剤のプロザックはどこで買えるの? All Rights Reserved.