抗うつ剤のプロザックはどこで買えるの?

プロザックの購入方法とは?個人輸入が不安な方は個人輸入代行会社に頼ってみませんか? - 個人輸入のメリットとデメリット

個人輸入のメリットとデメリット

プロザックは抗うつ剤の薬として、世界中の人2000万人以上に服用されている薬です。
しかしながら日本では認可されていないので、医師が処方する事もありませんし、ドラックストアでも販売されていません。
そのため購入しようと思ったら個人輸入をする必要があります。

海外医薬品を個人輸入するメリット

まずプロザックを個人輸入をするメリットについて紹介します。
病院で医師の診察を受け、処方される場合と異なり、診察料が発生しませんし、病院へいく手間もありません。
そのため時間をお金がかからないというメリットがあります。

また個人輸入をすれば、国内では手に入らない効果的な医薬品を手に入れる事も可能です。
特にプロザックなどの、抗うつ剤の場合、自分がうつ病である事を周囲に知られたくないと思っている人も多いでしょうし、うつ病だからこそ人と接したくない、外出するのが億劫という状態かもしれません。
そんな場合でも、ネットで購入出来るというのは利便性が高いと言えるでしょう。

海外医薬品を個人輸入するデメリット

海外医薬品を個人輸入する事は、メリットもいろいろありますが、デメリットもある事を理解しておきましょう。
まず認可されていないという事は、安全性が大丈夫なのか?という不安が残ります。
もちろんプロザックは、うつ病に対してしっかり効果があり、副作用も少ない薬である事は事実です。
そして販売実績20年で世界中の人に服用もされています。

ですが、日本で認可がされなかったという事は、日本人の体質に合うものなのかという疑問は残りますよね。
また医師に処方される訳ではないので、自己判断で用量を増やしたり、減らしたりしながら効果的な服用量を決めるのは、医療知識のない個人によっては難しい、医師というアドバイザーがいないという点もデメリットだと言えるでしょう。

医師から処方される抗うつ剤に関しては、保険が適用されるため、3割負担で購入する事が出来ますが、プロザックの場合は保険適用されないため全額負担となってしまう点もデメリットです。

関連する記事

Copyright(C)2017 抗うつ剤のプロザックはどこで買えるの? All Rights Reserved.